[PR] 看護師 転職 院長の独り言 新聞記事から

湘南で開業している歯科クリニック院長の日々雑感です。

The Real History of Japan

2017 - 01/21 [Sat] - 06:01

アパホテルについて「同ホテルグループ代表が執筆した、南京大虐殺や慰安婦を否定する内容の本が全客室に置かれている」と、アメリカ人女性と中国人男性の大学生2人が1月15日に中国のSNS「微博」に動画を投稿、中国のネットユーザーを中心に批判が広がっています。

The Real History of Japan

本は「誇れる祖国 日本復活への提言Ⅳ 本当の日本の歴史『理論近現代史学Ⅱ』」(英題はTHEORETICAL MODERN HISTORY II The Real History of Japan)というタイトルの「社会時評エッセイ」。アパグループの元谷外志雄代表が「藤誠志」というペンネームで記したもので、1冊の中に日本語のほか、英語でも記されている。
本では南京大虐殺について虐殺された人数の「計算が合わない」、また慰安婦については抗議記録が「全く存在しない」ことから、「中国も韓国も自分たちの行動を棚に上げて、これらの虚構に基づく日本への非難を繰り返す」などと記している。

ホテルを運営するアパグループ(東京)は1月17日、「撤去は考えていない」との見解をサイト上に発表しました

アパホテル「書籍について対応する予定はない」 客室に南京大虐殺否定の本で一問一答

 ポチっと応援よろしくお願いいたします。

elderly

2017 - 01/07 [Sat] - 12:47

長寿

高齢者の新定義「75歳以上」
日本老年学会と日本老年医学会が1月5日、都内で会見し、新たな高齢者の定義を提言。現在「前期高齢者」「後期高齢者」と定義されている65-74歳、75-89歳をそれぞれ「准高齢者」「高齢者」とすることなどを示した。

各種調査で5-10歳の「若返り現象」を確認
提言の取りまとめに当たり、両学会は2013年に合同ワーキンググループを設立。国の各種統計調査データベースなどを用いて(1)疾病受療率、死亡率、要介護認定の変化、(2)体力・生活機能の変化、(3)知的機能の変化、(4)歯数の変化、(5)国民の意識、(6)社会学的見地―の項目を中心に検討を実施した。それによると、10-20年前と比較して現在の高齢者においては加齢に伴う身体機能変化の出現が5-10年遅れる「若返り現象」が見られていること、従来、高齢者とされてきた65歳以上においても特に65-74歳の前期高齢者では心身の健康が保たれ、活発な社会活動が可能な人がほとんどであるとの知見が得られた。
会見では、内閣府が2014年度に行った高齢者の日常生活に関する意識調査も紹介。「高齢者とは何歳以上か」との問いに対し、「65歳以上」との回答したのは男女とも5%程度にすぎず、男性では「70歳以上」、女性は「75歳以上」との回答が30%と最多を占め、一般の人の意識も変わりつつあるとの見方を示した。

65-74歳は「准高齢者」
新たな提言で、両学会は65-74歳(従来の前期高齢者)を「准高齢者」、75-89歳(後期高齢者)を「高齢者」、90歳以上を「超高齢者」と定義するのが妥当との見解を示した。
提言の背景を説明したWG座長の大内尉義氏(国家公務員共済組合連合会虎の門病院院長)は「“高齢者”の定義の年齢層を引き上げることは、健康長寿延伸の成果と捉えることができる」と指摘。65歳以上を新たに「准高齢者」と定義することが最長寿国日本において元気で活動性の高い年齢層の幅が広がったことへの認知を深める契機となると話した。また、「准高齢者の多くは社会の支え手、モチベーションを持った存在であり、自主的な社会参加をさらに促す契機となれば、社会の支え手を増やすことができる」とも述べ、今後、日本において生産人口減少が加速する実情を踏まえ、国民的な議論が高まることへの期待も示した。

 ポチっと応援よろしくお願いいたします。

Norovirus

2016 - 12/23 [Fri] - 22:56

ノロウイルスが全国で猛威をふるっています。



いろいろな施設からの、集団感染の報告も急増してきました。
これからは、忘年会にクリスマス、年越しから初詣と、多くの人の集まるイベントが各地で行われる時期となります。
あなたや身の回りの人をノロウイルスから守るために、最低限知っておきたいポイント五か条が載っていました。

ノロ

<その1>ノロウイルスの感染力を知るべし
 ノロウイルスは、ごくわずかなウイルスが口に入っただけで感染します。感染者の1gの便には1億個のウイルスが、 嘔吐 物1gにも100万個のウイルスが含まれ、わずか10~100個のウイルスでも感染してしまうのです。また、ノロウイルスは乾燥にも強く、公衆トイレのドアノブや、階段の手すりなど、乾燥した環境の中でも、なんと数時間~数日も感染力を保つことができます。ノロウイルスの感染力を、あなどるべからず。

<その2>初期は脱水に注意すべし
 ノロウイルスによる胃腸炎は、激しい「下痢」や「嘔吐」を繰り返します。ひどい時は、たとえ頑強な若者でも、たった数日でゲッソリしてしまうほどです。発症初期の対応ポイントは、脱水を防ぐこと。特に小さなこどもや高齢者は脱水に弱いので、おう吐や下痢がはじまったら、早期に水分補給をすることが大切です。吐き気の強い時は、少量ずつ、頻回に補給しましょう。全く水分をとることができなければ、クリニックや病院の受診も検討しましょう。

<その3>食の安全は手洗いから始まると知るべし
 食事が汚染されてしまえば、ウイルスは確実に食べた人の口に入ります。そして、多くの人の食事を調理すれば、そのまま集団感染につながってしまいます。みなさんは、調理者が手洗いをするのは、当たり前のことだと思っているでしょう。しかし、それでも各地のイベントや仕出し弁当などで、今でも集団発生が起こっているというのが現実です。ノロウイルスは、症状消失後であっても1週間以上、長いときには1か月間もの長い間、ウイルス排出が続く可能性があります。症状が良くなってからも、しっかりと手洗いをする必要があるのです。

<その4>人から人への二次感染を防ぐべし
 ノロウイルスは、食事から感染するだけではありません。現在のような流行状況になると、いろいろな場所がウイルスに汚染されているはずです。そして、その環境に触れた手を、口にもってくることでも感染してしまいます。公衆トイレを使った人が手を洗う前に触れる、洗浄レバーやドアノブなども要注意。また、人の多い施設やイベント等でも、特にしっかりと手洗いをしておきましょう。また、嘔吐物は、乾く前に処理をするのがポイントです。カーペットなどで乾燥すると、ホコリと一緒に舞ってしまい、口に入ることで感染してしまうこともあるからです。流行期の感染は人から人が中心です。一人一人が気をつけて、感染の拡大を防ぐことが必要です。

<その5>手洗いに勝る予防策なし
 ノロウイルスは、アルコールが効きにくいウイルスです。したがって、アルコール性の手指衛生剤よりも「流水と石けんによる手洗い」がおすすめです。トイレ後の手洗い、調理前の手洗い。当たり前のことだと思うでしょうが、実際にはしっかりとできていない事も多いのです。

 1回だけなら大丈夫?…しかし、感染力の強いノロウイルスは、その1回を見逃してはくれません。手洗いに勝る予防策なし。今一度ご確認を!

 ポチっと応援よろしくお願いいたします。

Problem having too many dentists

2016 - 12/14 [Wed] - 06:51

現在、歯科医師は多すぎると言われています。
実際、歯科医院の数は全国に約70000件もあり、これは全国のコンビニエンスストアよりも多い数です。
コンビニより行く機会の少ない歯科医院の数のほうが多いわけですから、そりゃ過剰ですよね。
前々から問題になっている歯科医師過剰問題・・・行政がメスを入れた様ですが遅きに失した感があります((((;゚Д゚)))))))

歯科医

歯科医、2029年には1万4千人過剰…合格基準引き上げも検討

 歯科医師が2029年に約1万4000人過剰となるという推計を厚生労働省がまとめた。厚労省は文部科学省と連携し、歯学部定員の削減や国家試験の合格基準引き上げを検討する。
 歯科医師は14年で約10万人おり、20年間で約2万人増えた。開業する歯科医師も多く、診療所数は約6万9000で、「(5万店超の)コンビニエンスストアより多い」と指摘される。競争激化から診療所の経営が厳しさを増す中、不必要な診療が行われたり治療が長引いたりする懸念がある。
 厚労省は、将来の歯科医師の過不足を把握するため需給見通しを試算した。現行の歯科医師数や国家試験の合格者数から、将来の歯科医師数を推計。少子高齢化を踏まえた推定患者数や歯科医師が1日に診る患者数などから、必要となる歯科医師数を算定した。
 1日に診る患者数を厚労省や日本歯科医師会の調査を基に3段階で想定すると、17年は3100人不足~1万5600人過剰、29年は600~1万8100人過剰と幅が出た。厚労省の有識者検討会が、中間的な想定が精緻で妥当と結論づけたため、最終的な推計値は17年で1万1300人、29年で1万4100人過剰になるとされた。 (2016.12.13 読売新聞)

 ポチっと応援よろしくお願いいたします。

News of death

2016 - 12/06 [Tue] - 06:25

小川ひろし フジテレビ系のワイドショー「小川宏ショー」の司会で人気を集めたアナウンサーの小川宏(おがわ・ひろし)さんが11月29日、多臓器不全のため東京都内の病院で死去していたことがわかった。90歳だった。葬儀は近親者だけで行った。
 東京生まれ。早稲田大卒業後、49年にNHKに入局。55~65年に、視聴者が応募した問題を出演者が身ぶり手ぶりで表し、制限時間内に当てる人気クイズ番組「ジェスチャー」の4代目の司会者を務めた。65年に退職。同年からフジテレビの朝のワイドショー「小川宏ショー」の司会となった。穏やかで温かみのある語り口が人気を集め、番組は82年まで17年間、4451回放送された。
 90年代にうつ病を患ったものの克服。その時の闘病生活や自殺をテーマに、執筆活動や、全国各地での講演活動に力を入れていた。(asahi.com)

小川ひろしショーは1965年5月3日から1982年3月31日までの17年間にかけて放送されていたので、中・高・大学時代朝食を摂っている時に、テレビをつけると毎朝出演なさっていたので感慨ぶかいです。    合掌

 ポチっと応援よろしくお願いいたします。

« | HOME |  »

プロフィール

zahnarzt

Author:zahnarzt
zahnarztとは、ドイツ語で歯科医師の事です。
歯科医師になって約30年・・・年月の経つのは早いものです。
二人の娘のうち一人は嫁ぎ、初孫が生まれました(^_-)☆
愛犬のレオは、2006年9月12日に天国に旅立ってしまいました。
レオ君のページはこちら

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
Google




ビジネスブログランキング参加中
皆さんからの クリック
更新意欲につながります(^^)V



Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード



人気blogランキングへ






リンク

月別アーカイブ

RSSフィード

QRコード

QR

バロメーター

ブロとも申請フォーム