[PR] 看護師 転職 院長の独り言 Reading impression
FC2ブログ

湘南で開業している歯科クリニック院長の日々雑感です。

Reading impression

2020 - 05/12 [Tue] - 06:19

『原因と結果の法則』は、イギリスの謎の哲学者、ジェーム・ズアレンが1902年に書いた短い本です。
聖書に次ぐベストセラーと言われるほど多くの人に読まれ、デール・カーネギーやアール・ナイチンゲール、オグ・マンディーノなどに影響を与えた自己啓発の源流と言われています。



「原因と結果の法則」は、私たちの人生を創っている確かな法則です。
どんな手段を使っても、その法則を変えることはできません。

「原因と結果の法則」は、目に見える世界でも目に見えない心の世界でも、常に絶対であり、決してゆらぐことはないのです。

私たちは、なぜ自分が今いる世界に生きているのか、なぜ周りに今のような環境があるのか知りません。
そして、「原因と結果の法則」を知らない限り、自分の環境をコントロールすることはできません。
そればかりか周りの環境によって打ちのめされる運命にあります。

周りに流されるだけの人生の漂流者になってしまいますから、あらゆることに不平や不満を懐き、怒り、苦しみ悩み、悲しむだけです。
人生の成功を手にすることなど夢のまた夢です。

ところが、「原因と結果の法則」を知れば、周りの環境も、自分の人生もコントロールできるようになります。

そして、周りの人から愛され、敬われ、より大きな繁栄を手にすることもできます。
生みだした幸せは、この法則によって、より大きく、より多くの人に喜ばれ、長い間続くものになります。

では「原因と結果の法則」は、一体どんなものなのでしょうか?

『原因と結果の法則』を要約すると、次の3つのことが書かれています。
1.「原因と結果の法則」の核心(1・2章)
2.健康・目標・成功へ各分野への法則の応用(3〜5章)
3.ジェームズ・アレンの考える生きる目的(6・7章)

実際、ジェームズ・アレン『原因と結果の法則』の中心としている
「私たちの心が人格を創り、環境を生み出すのです」
については、『法句経』に、こう説かれています。
「諸事、意を以て先とし、意を主とし、意より成る(法句経)」
「意」とは心のことですから、ものごとは心にもとづき、心を主とし、心によってつくり出される、ということです。

このようにジェームズ・アレンの『原因と結果の法則』は、すべては神が生みだしたとするキリスト教ではなく、自分の心と、それによる行為が自分の運命のすべてを生み出すと教える仏教によるものだったのです。

 ポチっと応援よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zahnarzt.blog64.fc2.com/tb.php/5370-12f969db

 | HOME | 

プロフィール

zahnarzt

Author:zahnarzt
zahnarztとは、ドイツ語で歯科医師の事です。
昭和と平成をそれぞれ31年ずつ生きてきて・・・令和を粛々と過ごしています。
二人の娘は嫁ぎ、上の娘には初孫が生まれました(^_-)☆
愛犬のレオは、2006年9月12日に天国に旅立ってしまいました。
レオ君のページはこちら

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
Google




ビジネスブログランキング参加中
皆さんからの クリック
更新意欲につながります(^^)V



Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード



人気blogランキングへ






リンク

月別アーカイブ

RSSフィード

QRコード

QR

バロメーター

ブロとも申請フォーム