[PR] 看護師 転職 院長の独り言 Burnout syndrome
FC2ブログ

湘南で開業している歯科クリニック院長の日々雑感です。

Burnout syndrome

2019 - 11/14 [Thu] - 06:19

燃え尽き症候群

 日本の脳卒中専門医の約4割が、長時間労働や睡眠不足などで、離人症を伴い「立ち去り型サボタージュ」につながる「燃え尽き症候群」に陥っていることが、九州大学大学院医学研究院の飯原弘二教授や国立循環器病研究センターなどの調査で分かった。

  約2割とされる一般市民と比べると、2倍近い割合となっていて、「睡眠時間や休日の増加と労働時間の短縮で、解消が期待できる」としている。調査の結果は、5月13日付の米・Circulation誌の附属誌に発表された(概要は、国循のホームページ、論文全文はこちら)。

  調査は、2011年に、東日本大震災の被災地域を除く日本全国の1万741人の脳卒中専門診療医に調査票を送り、2564人から有効回答を得た。「燃え尽き症候群」の認定に当たっては、国際的な基準指標であるMBI(Maslach Burnout Inventory)を用いた。

  結果を見ると、回答者の41.1%が、「燃え尽き症候群」に該当し、20%以上は「重度」と認定された。米国の神経外科医のうち、4割程度に「燃え尽き症候群の疑いがある」ことが知られていて、日本でも状況は大きく変わらなかった。

  リスクとしては、まず長時間労働があり、週当たりの労働時間が10時間増えると、12%増加する傾向で、「100時間以上」の群では、「燃え尽き症候群」の該当者は60%を超えた。時間外呼び出しや、患者数増加も、「燃え尽き症候群」の増加につながっていた。

  「燃え尽き症候群」の減少の要因には、「睡眠時間」「休日」「経験年数」などがあることも判明。1日当たりの睡眠時間が1時間増えると、20%減少する傾向があった。

  「燃え尽き症候群」は、職務の献身的な努力が報われないことが主な原因で、疲労感や「周りはどうなっても良い」という離人症を伴い、医療過誤や退職につながることが指摘されている。論文では、「睡眠時間や休日の増加と労働時間の短縮を進めることで、燃え尽き症候群を減らし、医師不足を解消することにつなげることができると期待される」としている。

 ポチっと応援よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zahnarzt.blog64.fc2.com/tb.php/5218-a2c95a97

 | HOME | 

プロフィール

zahnarzt

Author:zahnarzt
zahnarztとは、ドイツ語で歯科医師の事です。
昭和と平成をそれぞれ31年ずつ生きてきて・・・令和を粛々と過ごしています。
二人の娘は嫁ぎ、上の娘には初孫が生まれました(^_-)☆
愛犬のレオは、2006年9月12日に天国に旅立ってしまいました。
レオ君のページはこちら

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
Google




ビジネスブログランキング参加中
皆さんからの クリック
更新意欲につながります(^^)V



Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード



人気blogランキングへ






リンク

月別アーカイブ

RSSフィード

QRコード

QR

バロメーター

ブロとも申請フォーム