[PR] 看護師 転職 院長の独り言 Joseph Antoine Ferdinand Plateau
FC2ブログ

湘南で開業している歯科クリニック院長の日々雑感です。

Joseph Antoine Ferdinand Plateau

2019 - 10/15 [Tue] - 06:53

昨日Googleロゴが変わっていました
ジョゼフ・アントンワーヌ・フェルディナンド・プラトー生誕218周年だそうです

joseph-plateaus-218th-birthday-5462347081580544-law.gif

PCとスマホでは違っています

1910144.gif

ベルギーの物理学者です。
「フェナキストスコープ」を生み出したこと、また、最小の曲面を求める「プラトーの問題」で知られています。
1801年10月14日に生まれて、1883年9月15日に逝去されています。
そのため、生誕218周年になります。
ブリュッセルで、画家である父親の元に生まれます。
6歳にして、読み書きができ、若い頃から神童と呼ばれていました。
リエージュ大学へ進学し、物理学を学びます。
1827年に、ブリュッセルで数学の教師となりました。
1928年、イギリスの医師「ピーター・マーク・ロジェ」さんが提唱した「残像効果」に興味を持ちます。
「残像効果」とは、回転する車輪が 一定の速度で回転していると、止まって見えるという視覚現象です。
1829年、この「残像効果」に関する研究の論文で博士号を取得。
論文は、たった27ページでしたが、その内容は、回転による視覚の歪みなどを数学的な観点から説明したものでした。
この研究を元に、1932年、円板に絵を描き、それを回転させ、スリットから覗き込むことで、絵が動いているように見えるのではないか?? というアイデアを思いつきました。
簡単にいうと、パラパラ漫画の円盤版です。
そして、2枚の円盤で構成された装置を生み出します。
1枚は視聴者が見るための窓のあり、もう1枚が連続する絵が描かれていました。
2枚が反対方向に正確な回転数で回転すると、「残像効果」により視聴者には動画が見えるというものでした。
最初の円盤にはダンサーが描かれていました。
この装置は、1933年に「Phenakistoscope:フェナキストスコープ」として紹介されました。
これは、のちに映画の映写機の開発の元になりました。
この功績から、ベルギーの国際映画祭には、彼の名を冠した「ジョゼフ・プラトー賞」が設けられています。

「フェナキストスコープ」以外でも、晩年の1873年にシャボン玉の膜を使い「空間内に与えられた一つの閉曲線で囲まれた曲面のうち最小の曲面を求める」という実績も残しており、これは「プラトーの問題」として、現在も広く数学界、物理界で用いられています。

 ポチっと応援よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zahnarzt.blog64.fc2.com/tb.php/5195-969defe0

 | HOME | 

プロフィール

zahnarzt

Author:zahnarzt
zahnarztとは、ドイツ語で歯科医師の事です。
昭和と平成をそれぞれ31年ずつ生きてきて・・・令和を粛々と過ごしています。
二人の娘は嫁ぎ、上の娘には初孫が生まれました(^_-)☆
愛犬のレオは、2006年9月12日に天国に旅立ってしまいました。
レオ君のページはこちら

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
Google




ビジネスブログランキング参加中
皆さんからの クリック
更新意欲につながります(^^)V



Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード



人気blogランキングへ






リンク

月別アーカイブ

RSSフィード

QRコード

QR

バロメーター

ブロとも申請フォーム