[PR] 看護師 転職 院長の独り言 Søren Peder Lauritz Sørensen
FC2ブログ

湘南で開業している歯科クリニック院長の日々雑感です。

Søren Peder Lauritz Sørensen

2018 - 05/30 [Wed] - 00:05

5月29日のGoogleのロゴがソレン・ソーレンセンを称えたものに変化していました

Søren Peder Lauritz Sørensen

ソレン・ソーレンセンはデンマークの化学者です。
溶液の液性(酸性・アルカリ性の程度)を表す物理量「pH」を提案したことで知られています。
1868年1月9日に生まれて、1939年2月12日に逝去されています。
デンマークの「スラーエルセ」の小さな村で農場の家庭に生まれました。
「Sorø Academy:ソレ・アカデミー」で学んだ後、1882年に「コペンハーゲン大学」へ進学。
当初は医学を志していましたが、後に化学へと変更しました。
1886年、「コペンハーゲン大学」を修了後、「デンマーク工科大学」へ進学。
創世記の「錯体化学」を研究していた「Sophus Mads Jørgensen」さんの元で無機化学分野を中心に学びました。
1899年に博士号を取得。
その後、1901年から1938年にかけて、コペンハーゲンの「カールスバーグ研究所」で化学の研究を行いました。
研究所は、「カールスバーグ醸造所」内に設立されていたので、ビール製造技術の改善や、タンパク質や酵素の性質、アミノ酸の合成に関する多くの研究を行いました。
その研究の中で、合成を行うためには、溶液内の水素イオン濃度が重要であることが判り、1909年に、その指数となる「pH」を提案します。
提案当初は、「pH」の概念は高く評価しなかった化学者も多かったようですが、その後の様々な実験や研究を経て、化学反応に極めて重要、有効な指数だと判明し、現在では欠かせないものとなりました。

しかし、何故5月29日なんだろう?

 ポチっと応援よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zahnarzt.blog64.fc2.com/tb.php/4678-e2fe51d8

 | HOME | 

プロフィール

zahnarzt

Author:zahnarzt
zahnarztとは、ドイツ語で歯科医師の事です。
歯科医師になって約30年・・・年月の経つのは早いものです。
二人の娘のうち一人は嫁ぎ、初孫が生まれました(^_-)☆
愛犬のレオは、2006年9月12日に天国に旅立ってしまいました。
レオ君のページはこちら

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
Google




ビジネスブログランキング参加中
皆さんからの クリック
更新意欲につながります(^^)V



Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード



人気blogランキングへ






リンク

月別アーカイブ

RSSフィード

QRコード

QR

バロメーター

ブロとも申請フォーム