[PR] 看護師 転職 院長の独り言 a shut-in

湘南で開業している歯科クリニック院長の日々雑感です。

a shut-in

2016 - 09/10 [Sat] - 06:13

ひきこもり

 内閣府は7日、仕事や学校に行かず、6カ月以上にわたり、家族以外とほとんど交流せずに自宅にいる15~39歳の「引きこもり」の人が、全国で推計54万1千人に上るとの調査結果を公表した。調査は2010年に続き2度目。
 10年の前回調査時の推計69万6千人に比べ約15万人減ったが、依然として50万人を超える高水準。35歳以上で引きこもりになった人が倍増するなど「長期化・高年齢化」が進んでいる。背景に不安定就労もあり、40歳以上を含めたより詳細な実態把握が必要だ。
 内閣府は「引きこもりの人への支援がある程度効いたのではないか」としている。

 調査は15年12月に実施。15~39歳の人がいる5千世帯を調査員が訪問して実施。本人や家族から外出の頻度、引きこもりになった年齢やきっかけ、期間などを聞き、引きこもりの割合と同世代の人口を基に推計値を算出した。
 引きこもりになった年齢は35~39歳が10・2%で前回調査から倍増。20~24歳も34・7%で、約13ポイント上がった。引きこもりになったきっかけは「不登校」とともに「職場になじめなかった」が最も多く、就職や職場での人間関係に悩んでいる実態が浮かんだ。
 引きこもりの期間は「7年以上」が34・7%でトップ。3~7年も40・8%を占め、長期化が進んでいる。
 就労経験について尋ねたところ、最も多かったのが契約社員や派遣社員などの非正規雇用で35・1%、正社員は27%だった。働いた経験がない人は27%で、背景に不安定就労があることもうかがえた。
 家の生計を立てているのは、父親が65・3%で、母親が22・4%。生活保護などを受給している人は4・1%にとどまり、家族の負担が大きい実態も明らかになった。
 家の暮らし向きについては、本人が「中以上」と考えている割合が75%を超えていた。

 ポチっと応援よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zahnarzt.blog64.fc2.com/tb.php/4035-4c03ffdc

 | HOME | 

プロフィール

zahnarzt

Author:zahnarzt
zahnarztとは、ドイツ語で歯科医師の事です。
歯科医師になって約30年・・・年月の経つのは早いものです。
二人の娘のうち一人は嫁ぎ、初孫が生まれました(^_-)☆
愛犬のレオは、2006年9月12日に天国に旅立ってしまいました。
レオ君のページはこちら

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
Google




ビジネスブログランキング参加中
皆さんからの クリック
更新意欲につながります(^^)V



Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード



人気blogランキングへ






リンク

月別アーカイブ

RSSフィード

QRコード

QR

バロメーター

ブロとも申請フォーム