[PR] 看護師 転職 院長の独り言 Juan Manuel Fangio Déramo

湘南で開業している歯科クリニック院長の日々雑感です。

Juan Manuel Fangio Déramo

2016 - 06/25 [Sat] - 00:13

世界中のレースファンから史上最高のドライバーとして称され、マセラティにとってもかけがえのない伝説の名ドライバー、ファン・マヌエル・ファンジオが、今年生誕105年を迎えました。

Juan Manuel Fangio Déramo

1911年6月24日にアルゼンチンのバルカルセで生まれたファンジオは、モータースポーツ界において最高の偉業を達成した一人として、歴史にその名を残しています。
ファンジオはF1世界選手権で5回のワールドチャンピオンに輝き、そのうち1954年と1957年はマセラティに復帰しての勝利でした。
とりわけ彼にとって5回目の、そして最後の世界選手権での優勝は、人々の記憶に永遠に残る壮絶なレースでした。
1957年8月4日、ニュルブルクリンクでのドイツグランプリ。マセラティ250Fを駆って出場したファンジオは、給油作業のためトップの座を2台のフェラーリに奪われます。しかしそこからファンジオの反撃が始まります。繰り返し周回記録を更新し、前方を走行中のフェラーリにあと1分48秒まで差を縮めると遂に追い抜き、最後のグランプリを華々しい逆転勝利で飾りました。レース終了後、ファンジオは「神のご加護を得て、人生で最高の走りだった」と語りました。
アルゼンチンのイタリア移民の子どもであったファンジオは、いつもイタリアと、そして特にモデナとマセラティとの密接な繋がりを堅持していました。
モデナのヴィアーレ・チーロ・メノッティにあるマセラティ本社では、現在でも彼の有名な言葉が語り継がれています。「私は様々なチームのマシンでレースに勝ちましたが、マセラティとはいつも特別な関係にありました。常に最先端技術を搭載した安全で信頼できる車というだけでなく、マセラティと私の間には友情と特別な結びつきがあったから、私はいつも寛いだ気持ちでいられました」

 ポチっと応援よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zahnarzt.blog64.fc2.com/tb.php/3949-a8ddb4a1

 | HOME | 

プロフィール

zahnarzt

Author:zahnarzt
zahnarztとは、ドイツ語で歯科医師の事です。
歯科医師になって約30年・・・年月の経つのは早いものです。
二人の娘のうち一人は嫁ぎ、初孫が生まれました(^_-)☆
愛犬のレオは、2006年9月12日に天国に旅立ってしまいました。
レオ君のページはこちら

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
Google




ビジネスブログランキング参加中
皆さんからの クリック
更新意欲につながります(^^)V



Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード



人気blogランキングへ






リンク

月別アーカイブ

RSSフィード

QRコード

QR

バロメーター

ブロとも申請フォーム