[PR] 看護師 転職 院長の独り言 dian-fosseys

湘南で開業している歯科クリニック院長の日々雑感です。

dian-fosseys

2014 - 01/20 [Mon] - 07:23

16日のGoogleトップページは、紺を基調とする色彩で描かれた高山やジャングルからなる豊かな自然が描かれていました。
画像をよく見ると、右下で書類に目を落とす一人の女性に気付く。この人物こそ、1月16日で生誕82周年を迎えたアメリカの動物学者、ダイアン・フォッシーです。

dian-fosseys

ダイアン・フォッシーは1932年1月16日、アメリカ・カリフォルニア州はサンフランシスコに生まれた。高校卒業後、獣医を志してカリフォルニア大学デービス校に入学、獣医学を専攻する。しかしながら彼女が獣医の道に進むことはなく、大学卒業後はセラピストとして病院勤務を始めた。
しかしながら、一本の講演が彼女の人生を変える。講演の主はルイス・リーキー。配偶者のメアリーとともに人類学の研究を行い、タンザニアのオルドバイ渓谷で人類のアフリカ起源説を裏付ける化石を発見したことで知られる人物だ。
リーキー博士の講演はフォッシーの動物への情熱に再び火をつけた。フォッシーは単身アフリカへ飛び、タンザニアで調査を続けるリーキー夫妻を訪ねた。訪問者の真剣な態度を見たリーキー夫妻は、ついに彼女を受け入れる。夫のルイスはフォッシーに対し、類人猿研究の方法をレクチャーした。
かくしてフォッシーによるマウンテンゴリラの生態系の調査が始まった。彼女はゴリラと生活を共にするという当時としては異例の方法でフィールドワークを行い、ゴリラの生態系を詳らかにした。
1976年、フォッシーはケンブリッジ大学で博士号を取得する。博論のタイトルは『マウンテンゴリラの行動』。彼女の生涯をかけた研究の賜物であった。
ところが1985年、彼女は何者かによって殺害される。犯人は今なお不明とされる。才能ある生物学者の突然の死であった。


ポチっと応援よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zahnarzt.blog64.fc2.com/tb.php/2985-9108236e

 | HOME | 

プロフィール

zahnarzt

Author:zahnarzt
zahnarztとは、ドイツ語で歯科医師の事です。
歯科医師になって約30年・・・年月の経つのは早いものです。
二人の娘のうち一人は嫁ぎ、初孫が生まれました(^_-)☆
愛犬のレオは、2006年9月12日に天国に旅立ってしまいました。
レオ君のページはこちら

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
Google




ビジネスブログランキング参加中
皆さんからの クリック
更新意欲につながります(^^)V



Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード



人気blogランキングへ






リンク

月別アーカイブ

RSSフィード

QRコード

QR

バロメーター

ブロとも申請フォーム