[PR] 看護師 転職 院長の独り言 2018年06月16日

湘南で開業している歯科クリニック院長の日々雑感です。

Medal project

2018 - 06/16 [Sat] - 06:12

「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」というプロジェクト
私も利用させてもらい使わなくなったパソコンや携帯電話を処分しました。

都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト

 2020年東京五輪・パラリンピックのメダル製造にリサイクル原料を活用するプロジェクトが、窮地に立たされている。現在のペースでは、必要とする金属が確保できない状況で、東京・霞が関の中央省庁は15日から、機運醸成の一環として使用済み小型家電の回収ボックスをリレー方式で巡回させる取り組みを始めた。内閣府で行われた開始式では鈴木俊一五輪相が使い古した携帯電話4個を投函(とうかん)し、「必要量の確保には課題がある。より一層の機運醸成が必要」とさらなる協力を訴えた。

 東京五輪では、金銀銅合わせて計5千個のメダルが用意される。大会組織委員会は、全国から集めたリサイクル金属でメダルをつくる「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」を昨年4月から開始。自治体や郵便局、ドコモショップなど全国約1万2400カ所にボックスを設置し、役目を終えた携帯電話やデジタルカメラ、パソコンなど小型家電の回収を呼びかけてきた。

 今年3月の時点では、ドコモショップで約330万台、自治体で約1万4636トンの携帯電話や小型家電が回収された。ただし、携帯電話1台から回収される金属は金0・05グラム、銀0・26グラム、銅12・60グラムとごくわずか。5千個のメダルを作るには金42キロ、銀5300キロ、銅2700キロが必要とされており、現在順調に回収できているのは「銅」のみという。

 特に「銀」は金メダルの主原料も兼ねているため、「相当な努力が必要な状況」(担当者)。回収は来年3月ごろを期限としており、今後は家電量販店にもボックスの設置を依頼して、さらに国民の参画を呼びかけていく。

 ポチっと応援よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

zahnarzt

Author:zahnarzt
zahnarztとは、ドイツ語で歯科医師の事です。
歯科医師になって約30年・・・年月の経つのは早いものです。
二人の娘のうち一人は嫁ぎ、初孫が生まれました(^_-)☆
愛犬のレオは、2006年9月12日に天国に旅立ってしまいました。
レオ君のページはこちら

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
Google




ビジネスブログランキング参加中
皆さんからの クリック
更新意欲につながります(^^)V



Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード



人気blogランキングへ






リンク

月別アーカイブ

RSSフィード

QRコード

QR

バロメーター

ブロとも申請フォーム