[PR] 看護師 転職 院長の独り言 2017年10月17日

湘南で開業している歯科クリニック院長の日々雑感です。

Olaudah Equiano

2017 - 10/17 [Tue] - 00:05

昨日はオラウダ・イクイアーノの生誕272周年でした。
googleロゴも因んだものに・・・

Olaudah Equiano

オラウダ・イクイアーノ
ナイジェリア出身の黒人。奴隷として働きながらお金を貯め、主人から自由を買い取ったことで知られています。
1745年10月16日に生まれて、1797年3月31日に逝去されています。
「グスタヴス・ヴァッサ」の名でも知られています。
彼はナイジェリアで生まれ、11歳のころ、親が仕事に行っている最中に妹と一緒にさらわれ、奴隷商人へと売られてしまいました。
その後、他の奴隷たちとともに、バージニア州のイギリス植民地へと送られます。
1754年に英国海軍の中尉である「Michael Pascal:マイケル・パスカル」さんによって買収されました。
パスカルは、少年の名前を「グスタヴス・ヴァッサ」と改名しました。
この頃、イクイアーノはキリスト教に改宗しました。
その後、パスカルは彼を売り、何度か主人が変わり「ロバート・キング」さんが主人となりました。
「ロバート・キング」さんはイクアーノが20歳の頃に、彼の購入金額で自由を与えると約束をしました。
また、彼に英語の読み書きを教えました。
イクアーノはカリブ海諸島との貿易で成功します。
そして1767年、約束の金額を貯め、自由を買い取りました。
自由を得た後は、イギリスに移りました。彼は海で仕事を続けました。
反奴隷貿易運動の象徴的存在としても活発に活動を行いました。
1789年に自伝「The Interesting Narrative of the Life of Olaudah Equiano:アフリカ人、イクイアーノの生涯の興味深い物語」が出版。
この自伝の出版時に、「オラウダ・イクイアーノ」の名を使いました。
この自伝は、イギリスとその植民地のアフリカ貿易を終結させた奴隷貿易法の制定(1807年)の後押しとなりました。

 ポチっと応援よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

zahnarzt

Author:zahnarzt
zahnarztとは、ドイツ語で歯科医師の事です。
歯科医師になって約30年・・・年月の経つのは早いものです。
二人の娘のうち一人は嫁ぎ、初孫が生まれました(^_-)☆
愛犬のレオは、2006年9月12日に天国に旅立ってしまいました。
レオ君のページはこちら

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
Google




ビジネスブログランキング参加中
皆さんからの クリック
更新意欲につながります(^^)V



Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード



人気blogランキングへ






リンク

月別アーカイブ

RSSフィード

QRコード

QR

バロメーター

ブロとも申請フォーム