[PR] 看護師 転職 院長の独り言 映画

湘南で開業している歯科クリニック院長の日々雑感です。

Song One

2017 - 06/25 [Sun] - 06:25

2014年に公開されたアン・ハサウェイ主演の『ブルックリンの恋人たち』を観ました。

ブルックリンの恋人たち

【あらすじ】
人類学博士号を目指し、モロッコに暮らすフラニーは、ミュージシャン志望の弟が交通事故で昏睡状態に陥ったため、家族が暮らすニューヨークに戻ってくる。弟の意識が戻る可能性は低いと医者に聞かされ動揺するフラニー。弟と疎遠になっていた彼女は、自分が今まで弟のことを何も知らないでいたことを悔やみ、彼が何を感じてきたかを知ろうと、弟の日記を手にその足跡をたどっていく。そんな中、弟が憧れるミュージシャンのジェームズと出会い、フラニーとジェームズは音楽を通じ、互いにひかれ合っていく。

静かな話の展開で、夜景を背景に話をするシーンとか音楽とか素敵でした
弟が昏睡状態なのにゆっくり、まったり時が過ぎて行き・・・退屈が苦手な人には辛い作品かも
いつしか惹かれ合う・・・こんな出会いもいいですね。
アン・ハサウェイの魅力溢れる作品です!
ショートカットも良いですね!可愛かった♡♡
『ブルックリンの恋人たち』:オススメ度☆☆☆★★です (^^v

 ポチっと応援よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

LOGAN

2017 - 06/13 [Tue] - 06:28

『LOGAN/ローガン』を観てきました。



【あらすじ】
近未来では、ミュータントが絶滅の危機に直面していた。治癒能力を失いつつあるローガン(ヒュー・ジャックマン)に、チャールズ・エグゼビア(パトリック・スチュワート)は最後のミッションを託す。その内容は、ミュータントが生き残るための唯一の希望となる少女、ローラ(ダフネ・キーン)を守り抜くことだった。武装組織の襲撃を避けながら、車で荒野を突き進むローガンたちだったが……

ローガンが・・・老眼に(笑)
ヒュー・ジャックマンのウルヴァリン最終作に相応しい作品だったと思います。
まだ話が続くような含みを持たせたラスト、新シリーズが制作されることに期待!!
文字通り”一匹狼”として生きてきたローガン(ウルヴァリン)が最後につかんだ親子の情愛には心打たれました
『LOGAN/ローガン』:オススメ度☆☆☆☆★です (^^v

 ポチっと応援よろしくお願いいたします。

Beauty and the Beast

2017 - 05/27 [Sat] - 06:45

遅ればせながら、『美女と野獣』を観てきました。



エマワトソンの歌声が聞きたいので字幕で観ました。
作品自体は素晴らしい出来なので、見て損をしたということはありません。
音楽もいいので。DVDなどではなく、映画館での鑑賞をオススメします。
映画としての完成度はかなり高いです(^ ^)
エンドロールの演出もなんだか舞台を見ていたような錯覚におちいりました。
『美女と野獣』:オススメ度☆☆☆☆★です (^^v

 ポチっと応援よろしくお願いいたします。

Julius Caesar

2017 - 05/19 [Fri] - 06:17

「世界のニナガワ」として有名な蜷川幸雄の一周忌に合わせ数多くの蜷川演出作品から厳選した4作品が上映されています。
『蜷川幸雄シアター』第一弾、『ジュリアス・シーザー』を観に行きました。



何の前知識もなく見に行ったので、始まって直ぐジュリアス・シーザーが殺害されて・・・
えっ?って思いましたが・・・途中から、納得!シーザーが死んでからが本筋だったんですね(笑)
ブルータス役は阿部寛、アントニー役が藤原竜也、キャシアス役が吉田鋼太郎という大変な豪華キャストです。
アントニーの演説シーンで、彼は一気にこの芝居の中心人物になってしまいました。民衆をあれよあれよと巻き込み洗脳して味方につけていく様は大変面白かったです。
舞台ではわからない役者さんの表情がアップで見られたり、衣装やセットの細かい部分も見られるので、映像ならではの良さも実感しました。
映画で舞台作品を観るのは初めてでしたが、映像でも十分に圧倒されました。
演出の素晴らしさと、これだけ台詞も動きも迫力のある作品を毎日のように演じている舞台役者さんのすごさを改めて感じました。
『ジュリアス・シーザー』:オススメ度☆☆☆☆★です (^^v

 ポチっと応援よろしくお願いいたします。

SPOTLIGHT

2017 - 05/15 [Mon] - 06:56

録画してあった『スポットライト 世紀のスクープ』を見ました。

『スポットライト 世紀のスクープ』

アメリカの新聞「The Boston Globe」の記者たちが、カトリック教会の醜聞を暴いた実話を基に描くスリリングな社会派ドラマです。
この映画は、事件の真相を暴くことにプロ意識を燃やす新聞記者達と、子どもたちを虐待し、それを隠蔽した教会の話です。
聖職者もジャーナリストも人間ですが、過ちとどう向き合うか?これが物語の核だと感じました。
社会派映画としては久々の秀作ですね。
『スポットライト 世紀のスクープ』:オススメ度☆☆☆☆★です (^^v

 ポチっと応援よろしくお願いいたします。

 | HOME |  »

プロフィール

zahnarzt

Author:zahnarzt
zahnarztとは、ドイツ語で歯科医師の事です。
歯科医師になって約30年・・・年月の経つのは早いものです。
二人の娘のうち一人は嫁ぎ、初孫が生まれました(^_-)☆
愛犬のレオは、2006年9月12日に天国に旅立ってしまいました。
レオ君のページはこちら

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
Google




ビジネスブログランキング参加中
皆さんからの クリック
更新意欲につながります(^^)V



Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード



人気blogランキングへ






リンク

月別アーカイブ

RSSフィード

QRコード

QR

バロメーター

ブロとも申請フォーム