[PR] 看護師 転職 院長の独り言 歯科関連
FC2ブログ

湘南で開業している歯科クリニック院長の日々雑感です。

POKARI SWEAT

2019 - 06/09 [Sun] - 06:02

スポーツ時の水分補給に誰もが飲んでいる“スポーツドリンク”
しかし、このスポーツドリンク、使い方次第で私達にとって猛毒になってしまうのです。

thumb400_300_49b22718fd915092ab4f8eac877c3a5d.jpeg

日本でスポーツドリンクが流行ったのは1980年4月に発売されたポカリスエットが始まりです。

3890949647_1c9ce65ffc_z.jpg

累計で世界で300億本以上売れている日本を代表するヒット商品
このポカリスエットはオロナミンCを生み出した方が発明したものでした。その方は病院に行った際に、手術後の医師が栄養補給のために点滴を直接飲むのを見て
「栄養と水分を同時に補給する飲み物があればいい!点滴の味を改良した飲料を作ろう」
と考え、商品開発が進み、飲みやすいポカリスエットが誕生したのです。
しかし、「飲みやすく売れる」為には本来の点滴の味では不味く売れません。改良が重ねられ、砂糖が多く加えられてしまい、本来の点滴から離れてしまったものが市場に受け入れられたのです。

o0450033712803287580.jpg

コカ・コーラ等と砂糖の量に大差ないポカリスエット
スポーツドリンクは脱水症に効果がないだけではなく、歯をボロボロにします。
皆さんご存知の虫歯や今問題になっている酸蝕歯(さんしょくし)という病気です。

sankara2_01.jpg

スポーツドリンクは酸性度(pH)が低く、歯が溶け出すと言われているpH5.4よりも低いpH3.5前後と言われています。ですので、砂糖が多く含まれ、酸性度が低いスポーツドリンクを水代わりに飲んでいると虫歯と酸蝕歯双方のリスクが高まり、歯がボロボロになってしまうのです。

行政での乳幼児歯科健診の際に歯科医師、歯科衛生士は子供にスポーツ飲料は必要ないと母親に指導しています

抜粋を紹介しましたが・・・
是非全文をお読みになってください
日本発、世界で300億本売れているスポーツドリンクがアナタの歯をボロボロにする。

 ポチっと応援よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

Oral health

2019 - 05/29 [Wed] - 06:04

6月4日から10日までは歯と口の健康週間です。
この週間は、歯と口の健康に関する正しい知識を国民に対して普及啓発するとともに、歯科疾患の予防に関する適切な習慣の定着を図り、併せてその早期発見及び早期治療等を徹底することにより歯の寿命を延ばし、もって国民の健康の保持増進に寄与することを目的とする。

歯と口の健康週間

藤沢市歯科医師会では6月2日に「お口の健康フェスティバル」を湘南台駅地下イベントスペースで開催します。
今年のテーマは「いい歯でいいスマイル」です!

2019

日時:2019年6月2日(日)10:30〜15:30
場所:藤沢市湘南台駅地下通路イベントスペース
内容:口臭測定、リスク検査(虫歯、歯周病)、お口の健康チェック、矯正歯科専門医の歯並び相談、保健師の喫煙相談、お口の健康体操の紹介、フッ化物洗口体験、ブラッシング指導、食品釣りゲーム、エプロンシアター、食事バランス、歯科技工士のサンプル展示

皆さまのご来場をお待ちしております。

 ポチっと応援よろしくお願いいたします。

fused tooth

2019 - 04/18 [Thu] - 06:08

昨日は乳幼児歯科健診に行ってきました
昨日も目にしましたが・・・
下の前歯ですが癒合歯といい、2本の歯が1本にくっついたという状況です。

癒合歯

この癒合歯は、発生率が高くて、1%台から3%台ぐらいの報告が今までされております。
1歳半健診、3歳児健診などいろいろ歯科健診を行いますと、50人以上のお子さんを拝見すると必ず1人か2人はいるというのが現状です。

この時点では問題はありませんが、乳歯が遅い時期まで抜けずに残る(晩期残存)ことが多くあり、発育に応じて抜かなければならないことがあります。
また、乳歯の癒合歯の下に、永久歯が2本ある場合と1本しかない場合(40~45%)があります。
1本しかない場合は、歯の数が合わなくなり、歯並びが乱れる原因となることもありますので、歯の生え替わり期に相談を受けて下さい。
癒合歯の2本が合わさっている部分は溝になっていることが多く、その部分はむし歯になりやすいので、よく磨いてあげて下さい。

 ポチっと応援よろしくお願いいたします。

「K-point」

2019 - 03/06 [Wed] - 06:50

今日はこれから湘南マロニエへ施設訪問歯科健診に行ってきます
重度の重複障害者の方の中にはお口を開けてくれない方がいらっしゃいます。
そんな方に有効なのが「K-point」

「K-point」

口を開けない患者さんのここを押すと、まるで魔法の様に口が開くのです
K-point刺激法は、開口を促す手段として、
嚥下反射誘発の手段として、
さらに指示理解不能な症例にも使うことができる訓練手段として有効です。

おさらいです

k-point

 ポチっと応援よろしくお願いいたします。

IV-S

2019 - 01/09 [Wed] - 06:15

昨日の午後は障がい者歯科診療で・・・
静脈内鎮静法も担当しました
施術予定は上下親知らずの抜歯です

上顎はすんなり抜歯できましたが・・・
下顎は歯冠を分離して・・・さあ歯根を脱臼・・・あれ?動きません(≧∇≦)
念の為にレントゲン撮影したら・・・歯冠が残っていました(>_<)
舌根が沈下しやすい体型の患者さんだったのでサチュレーションが回復するまで休み休みだったので
歯冠が分離されたと勘違いしたのでした

そして・・・無事に抜けました (^_^)v

ヤレヤレ ^_^;
 ポチっと応援よろしくお願いいたします。

 | HOME |  »

プロフィール

zahnarzt

Author:zahnarzt
zahnarztとは、ドイツ語で歯科医師の事です。
歯科医師になって約30年・・・年月の経つのは早いものです。
二人の娘のうち一人は嫁ぎ、初孫が生まれました(^_-)☆
愛犬のレオは、2006年9月12日に天国に旅立ってしまいました。
レオ君のページはこちら

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
Google




ビジネスブログランキング参加中
皆さんからの クリック
更新意欲につながります(^^)V



Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード



人気blogランキングへ






リンク

月別アーカイブ

RSSフィード

QRコード

QR

バロメーター

ブロとも申請フォーム