[PR] 看護師 転職 院長の独り言 新聞記事から
FC2ブログ

湘南で開業している歯科クリニック院長の日々雑感です。

Balaenoptera musculus

2018 - 08/07 [Tue] - 00:35

シロナガスクジラ

神奈川県鎌倉市の海岸に5日、体長10メートルあまりのクジラが打ち上げられているのが見つかりましたが、国立科学博物館などによる調査で、シロナガスクジラのオスの赤ちゃんと判明しました。
 世界最大の動物として知られるシロナガスクジラが海岸に打ち上げられたのが確認されたのは日本では初めてで、世界的にも珍しいということです。

シロナガスクジラ

国立科学博物館動物研究部・田島木綿子研究主幹:「この種類はシロナガスクジラなんです。シロナガスクジラ(が打ち上げられるの)は国内初の記録なので」
 午後2時半ごろ、鎌倉市の由比ガ浜の海岸で、体長約10メートルのクジラが死んだ状態で打ち上げられているのが見つかりました。6日に現地を調査した専門家によりますと、このクジラは絶滅危惧種に指定されている世界最大のシロナガスクジラの赤ちゃんだということです。親クジラと泳いでいて、はぐれてしまったとみられています。この後、クジラは現地で解体されて研究所に運ばれる予定で、専門家は頭の骨や胃の内容物から生息の状況や死んだ理由を調べる方針です。

 ポチっと応援よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

Kylian Sanmi Mbappé Lottin

2018 - 07/17 [Tue] - 06:06

2018ロシアW杯も決勝が行われ・・・
フランスが4-2でクロアチアに勝利しました。
ロシアW杯の「大会ベスト11」はこの顔ぶれだだそうです

ベスト11

フランス代表ののキリアン・エムバペも選ばれています。

Kylian Sanmi Mbappé Lottin
 
 1998年12月20日生まれの19歳だから、同年にフランスが初めて世界制覇した時には、まだ母親のお腹の中にいたことになる。
 そんな新世代の怪童は、初のW杯であのミシェル・プラティニやジネディーヌ・ジダンが纏ったレ・ブルーの10番を背負って躍動。グループリーグ2戦目のペルー戦でW杯における同国史上最年少ゴールを決め、ラウンド・オブ16のアルゼンチン戦では4人抜きでPKを奪い、さらに2ゴールを挙げて勝利の立役者に。準々決勝と準決勝ではゴールに直結する働きこそなかったが、爆発的なスピード、正確なテクニック、そして状況判断の良さと10代とは思えない完成度の高さを見せつけてきた。
 周知の通り過去10年のサッカー界は、完全に「リオネル・メッシとクリスチアーノ・ロナウドの時代」だった。しかし、ロシアでこの2大スターは早期敗退し、その後継者の筆頭候補だったネイマールはオーバーリアクションやシミュレーションなどで精神的な未熟さを露呈するばかり。世間の期待は自然と集まった。かくいう自分も「次の世界ナンバー1はエムバペ」という想いが取材を重ねるごとに確信めいていった。
 プロキャリアがわずか2年半の19歳には、重たすぎる十字架にも見えた。しかしエムバペは決勝で、その期待にほぼ満点の回答を見せる。対峙したイバン・ストゥリニッチやドマゴイ・ヴィーダを文字通り一瞬で置き去りにし続け、59分には右サイドを切り裂いてポール・ポグバのチーム3点目を演出した。
 そして65分には、自らゴールを挙げた。SBのリュカ・エルナンデズが左サイドを突破している隙に、右サイドから中央へ移動。グラウンダ―のパスを足下に止めると、もうワンタッチしてから右足を一閃し、ゴールネットを揺らすのだ。身体が開いたからファーサイドを狙うと思いきや振り抜いてニアサイドに蹴ってきたうえ、ヴィーダのブラインドになっていたこともあり、敵GKダニエル・スバシッチはほとんどお手上げだった。
 メッシとC・ロナウドが世界ナンバー1に上り詰める過程で欠かせなかったのが、重要な試合での重要なゴールだった。CLやクラブW杯の決勝、リーガ優勝が懸かったゲームなどで、彼らはいつも印象的な得点を決めてきた。その2大スターが成し遂げられなかったW杯決勝スコアラーに、エムバペは19歳にしてなってしまった。このレコードは17歳だった1958年大会のペレに次いで史上2番目に若いという。スターの星の元に生まれたとしか思えない。

 ポチっと応援よろしくお願いいたします。

good job!

2018 - 07/03 [Tue] - 05:33



ロシアW杯決勝トーナメント第1戦の日本―ベルギーは2―3で惜敗した。

 ◆W杯ロシア大会▽決勝トーナメント1回戦 ベルギー3―2日本(2日・ロストフナドヌー)
 前半は0―0で終えたが、後半に入ると一気にゲームが動き出した。
 同3分。柴崎のスルーパスを受けたMF原口が右足一閃。サイドネットを揺らし、先制。さらに、同7分。MF乾が右足のミドルを鮮やかに沈め、リードを2点に広げた。テクニカルエリアの西野朗監督は右で豪快なガッツポーズを繰り出し、大喜び。その後もFWルカクにボールを集めるベルギーに対し、常に数的有利な状況を作り、ピンチをしのぎきっていたが、後半中盤に入ると次第にベルギーの圧力に押し込まれる。
 同24分。DFフェルトンゲンの頭の折り返しがGK川島の頭上を越え、そのままネットを揺らし、1点差に。さらに5分後の同29分には左クロスからMFフェライニに頭で押し込まれ、同点。
 試合は振り出しに戻った同36分。西野監督は勝負に出る。柴崎→山口、原口→本田の2枚替え。その後は一進一退の攻防が続き、同ロスタイム4分にカウンターからMFシャドリに決勝点を献上。史上初の8強入りをつかみかけたが、惜しくも敗れた。

あと一歩でした
日本代表良くやりました お疲れ様でした

 ポチっと応援よろしくお願いいたします。

Medal project

2018 - 06/16 [Sat] - 06:12

「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」というプロジェクト
私も利用させてもらい使わなくなったパソコンや携帯電話を処分しました。

都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト

 2020年東京五輪・パラリンピックのメダル製造にリサイクル原料を活用するプロジェクトが、窮地に立たされている。現在のペースでは、必要とする金属が確保できない状況で、東京・霞が関の中央省庁は15日から、機運醸成の一環として使用済み小型家電の回収ボックスをリレー方式で巡回させる取り組みを始めた。内閣府で行われた開始式では鈴木俊一五輪相が使い古した携帯電話4個を投函(とうかん)し、「必要量の確保には課題がある。より一層の機運醸成が必要」とさらなる協力を訴えた。

 東京五輪では、金銀銅合わせて計5千個のメダルが用意される。大会組織委員会は、全国から集めたリサイクル金属でメダルをつくる「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」を昨年4月から開始。自治体や郵便局、ドコモショップなど全国約1万2400カ所にボックスを設置し、役目を終えた携帯電話やデジタルカメラ、パソコンなど小型家電の回収を呼びかけてきた。

 今年3月の時点では、ドコモショップで約330万台、自治体で約1万4636トンの携帯電話や小型家電が回収された。ただし、携帯電話1台から回収される金属は金0・05グラム、銀0・26グラム、銅12・60グラムとごくわずか。5千個のメダルを作るには金42キロ、銀5300キロ、銅2700キロが必要とされており、現在順調に回収できているのは「銅」のみという。

 特に「銀」は金メダルの主原料も兼ねているため、「相当な努力が必要な状況」(担当者)。回収は来年3月ごろを期限としており、今後は家電量販店にもボックスの設置を依頼して、さらに国民の参画を呼びかけていく。

 ポチっと応援よろしくお願いいたします。

risk management

2018 - 06/12 [Tue] - 06:34

故障者リスト(DL)入りした大谷投手ですが、手術では無く、PRP注射による治療でコントロールが可能なレベルで済んで一安心ですね
その大谷投手を救ったマルドナド捕手の記事が載っていました。
最高の女房役ですね〜〜

大谷&マルドナド

何度もSOS…大谷異変感じた捕手が完全断裂回避へ

 エンゼルス大谷翔平投手(23)を最悪の事態から救ったのは、女房役のリスクマネジメントだった。7日(日本時間8日)に右肘内側側副靱帯(じんたい)を痛め、故障者リスト(DL)入りしたが、それがなければ、もっとひどいことになっていたかもしれない。

 マルドナド捕手は6日(同7日)のロイヤルズ戦で、大谷の投球練習中に異変を感じ、キャッチャーミットでベンチの首脳陣に向かって何度も「来てくれ」と合図を送った。その間も、投げ続けていた大谷は、ソーシア監督とトレーナーが駆け付けても「大丈夫」といった口ぶりで、続投を志願している様子だった。

 結果的に交代したが、マルドナドからのSOSが出されていなければ、間違いなく大谷は何食わぬ顔で投げていただろう。今回は「グレード2」で、靱帯(じんたい)の損傷か、もしくは部分断裂。ひとまず手術は回避したが、そのまま投げ続けていれば、右手のマメをかばいながらで、肘にも負担がかかったはず。完全断裂という最悪のケースもあり得た。

 大谷は以前、「リスクマネジメントをするのが捕手の仕事」と言った。それは例えば、1点リードの場面で本塁打を回避するためにあえて四球を与えるなど、配球に関する危機管理のこと。今回はそれ以上に、投手生命にも関わる危険をギリギリで回避した形になった。リスクマネジメントはビジネス用語でもよく使われる言葉。大谷は「ビジネスパートナーです」と冗談めかしながら信頼を寄せるマルドナドに救われた。

 普段から仲良くコミュニケーションを取り、時にはプエルトリコ出身のマルドナドとスペイン語で話したりもするという。ただ試合でマウンドに上がれば、投げたい意思が人一倍強くなる大谷。そんな性格も女房役は理解する。だからこそ、ストップをかけた。「僕たちは家族なんだ。つらいのは分かる。みんなでサポートしていく」。繊細な捕手の感覚が、今後も大谷の助けとなるはずだ。

 ポチっと応援よろしくお願いいたします。

 | HOME |  »

プロフィール

zahnarzt

Author:zahnarzt
zahnarztとは、ドイツ語で歯科医師の事です。
歯科医師になって約30年・・・年月の経つのは早いものです。
二人の娘のうち一人は嫁ぎ、初孫が生まれました(^_-)☆
愛犬のレオは、2006年9月12日に天国に旅立ってしまいました。
レオ君のページはこちら

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
Google




ビジネスブログランキング参加中
皆さんからの クリック
更新意欲につながります(^^)V



Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード



人気blogランキングへ






リンク

月別アーカイブ

RSSフィード

QRコード

QR

バロメーター

ブロとも申請フォーム