[PR] 看護師 転職 院長の独り言 読書
FC2ブログ

湘南で開業している歯科クリニック院長の日々雑感です。

vegetable

2020 - 09/16 [Wed] - 00:03

孫に買ったこの本・・・




どこになるのか、タメになります(^_^;



これはトマトだってわかりますよね(*^_^*)



この野菜・・・わかりますか?



ブロッコリーだそうです



ブロッコリーって・・・こんなふうになるのですね(#^.^#)

 ポチっと応援よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト



Reading impression

2020 - 05/12 [Tue] - 06:19

『原因と結果の法則』は、イギリスの謎の哲学者、ジェーム・ズアレンが1902年に書いた短い本です。
聖書に次ぐベストセラーと言われるほど多くの人に読まれ、デール・カーネギーやアール・ナイチンゲール、オグ・マンディーノなどに影響を与えた自己啓発の源流と言われています。



「原因と結果の法則」は、私たちの人生を創っている確かな法則です。
どんな手段を使っても、その法則を変えることはできません。

「原因と結果の法則」は、目に見える世界でも目に見えない心の世界でも、常に絶対であり、決してゆらぐことはないのです。

私たちは、なぜ自分が今いる世界に生きているのか、なぜ周りに今のような環境があるのか知りません。
そして、「原因と結果の法則」を知らない限り、自分の環境をコントロールすることはできません。
そればかりか周りの環境によって打ちのめされる運命にあります。

周りに流されるだけの人生の漂流者になってしまいますから、あらゆることに不平や不満を懐き、怒り、苦しみ悩み、悲しむだけです。
人生の成功を手にすることなど夢のまた夢です。

ところが、「原因と結果の法則」を知れば、周りの環境も、自分の人生もコントロールできるようになります。

そして、周りの人から愛され、敬われ、より大きな繁栄を手にすることもできます。
生みだした幸せは、この法則によって、より大きく、より多くの人に喜ばれ、長い間続くものになります。

では「原因と結果の法則」は、一体どんなものなのでしょうか?

『原因と結果の法則』を要約すると、次の3つのことが書かれています。
1.「原因と結果の法則」の核心(1・2章)
2.健康・目標・成功へ各分野への法則の応用(3〜5章)
3.ジェームズ・アレンの考える生きる目的(6・7章)

実際、ジェームズ・アレン『原因と結果の法則』の中心としている
「私たちの心が人格を創り、環境を生み出すのです」
については、『法句経』に、こう説かれています。
「諸事、意を以て先とし、意を主とし、意より成る(法句経)」
「意」とは心のことですから、ものごとは心にもとづき、心を主とし、心によってつくり出される、ということです。

このようにジェームズ・アレンの『原因と結果の法則』は、すべては神が生みだしたとするキリスト教ではなく、自分の心と、それによる行為が自分の運命のすべてを生み出すと教える仏教によるものだったのです。

 ポチっと応援よろしくお願いいたします。

16 Blocks

2020 - 05/07 [Thu] - 06:16

外出自粛で巣籠もり中なので、もっぱら映画鑑賞しています
地上波のドラマも制作が遅れていて進んでいないので・・・AmazonPrimeVideoは助かります
今回は『16ブロック』を紹介します

16 Blocks

わずか16ブロック、およそ1.6km離れた裁判所に証人を送り届けるだけの簡単な仕事を任された刑事が、予想もしない事態に巻き込まれ、証人共々命を狙われるハメに陥るサスペンス・アクションです。
主演はブルース・ウィリスですがヒゲを生やしていたので最初はわからなかったです。
つまらなくはなかったですが、特に面白いと感じたところもありませんでした。
クライマックスは上手く収まりましたが、あまりスカっとしない作品でした。
率直な感想は可もなく不可もなくと言ったところでした。
まあ時間があれば観てみる程度でいいのではないでしょうか(^_^;
『16ブロック』:オススメ度☆☆☆★★です (>_<)

 ポチっと応援よろしくお願いいたします。

Trillion Dollar Coach

2020 - 01/29 [Wed] - 06:02

"Trillion Dollar Coach: The Leadership Playbook of Silicon Valley's Bill Campbell"
スティーブ・ジョブズとグーグル元会長兼CEOのエリック・シュミットに偉大な「共通の師」がいたそうです
それどころかグーグルのラリー&セルゲイ、フェイスブックCOOのシェリル・サンドバーグ、ツイッターやヤフー、ユーチューブのCEOまでが、この同じ師に育てられているらしい・・・
その師の名は、ビル・キャンベル。アメフトのコーチ出身でありながら有能なプロ経営者であり、シリコンバレーの数多くのリーダーたちにとってのコーチでり、メンター的存在だった人物です。

2016年、彼が亡くなった時、その教えが永久に失われてしまうと危機意識を抱いたのが、15年以上にわたってビルに教えを受けてきたシュミットら、世界的ベストセラー『How Google Works 私たちの働き方とマネジメント』の著者トリオで
シュミットらは、自分たちの体験に加え、ビルの薫陶を受けた100人近くもの人物に、ビルの「成功の教え」について取材を敢行、ついに完成したのが『1兆ドルコーチ──シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え』(ダイヤモンド社刊)です

1兆ドルコーチ

人と人との立ち位置や距離感によって、人間関係は大きく変化する。
だから、難しい。
そんな人と人との間をつかさどるプロとも言える存在について書かれた本が本書です
ビルはコロンビア大学アメリカンフットボール部のコーチからテック企業への異色の転身を遂げ、GAFA(Google、apple、Facebook、amazon)を筆頭にシリコンバレー有数の企業の成長に大きく貢献した伝説的な存在だと言われています。
なぜビルはスティーブ・ジョブズ、エリック・シュミット、ラリー・ペイジ、ジェフ・ベゾスらビジネス界の巨人たちをはじめ、多くの人から慕われ、愛されてきたのか。
その秘密が余すところなく本書に語られています。
スタッフミーティングをいきなり無機質な仕事の話から始めるのではなく、旅行に行っていたメンバーがいれば、熱心に旅の報告に耳を傾けて「間合い」を詰める。
テック業界では重宝される「ディーバ(傲慢なスター、規格外の天才)」に対しては寛容であり、守るべきとしながら、他のメンバーの「間」を壊すのであればその限りにあらずとする。
2016年に75歳でこの世を去り、生前本を出そうとしなかったというビルの愛に満ちた「人間関係のつくり方」は一読の価値があります。

 ポチっと応援よろしくお願いいたします。

Red

2019 - 12/11 [Wed] - 06:15

島本 理生の『Red』を読了しました



映画化決定ということで読みはじめましたが・・・
結婚生活においては小さな不満をくすぶらせると、大変なんだろうなというのを感じました。
主人公の感情が明確に記述されないので、読み取れない箇所が随所にありましたが・・・
どっちつかずで曖昧な態度しかとれないのは、育ってきた環境で本当の自分を解放できないからなのかと最後に納得しました。

 ポチっと応援よろしくお願いいたします。

 | HOME |  »

プロフィール

zahnarzt

Author:zahnarzt
zahnarztとは、ドイツ語で歯科医師の事です。
昭和と平成をそれぞれ31年ずつ生きてきて・・・令和を粛々と過ごしています。
二人の娘は嫁ぎ、上の娘には初孫が生まれました(^_-)☆
愛犬のレオは、2006年9月12日に天国に旅立ってしまいました。
レオ君のページはこちら

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2ブログランキング

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
Google




ビジネスブログランキング参加中
皆さんからの クリック
更新意欲につながります(^^)V



Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード



人気blogランキングへ






リンク

月別アーカイブ

RSSフィード

QRコード

QR

バロメーター

ブロとも申請フォーム